その他の工事

古い屋根をカバーリング 「ZeroDルーフ」

屋根改修で経費削減に貢献!

古くなった工場や店舗の屋根の改修を行う事により多くのメリットが得られます。
以下のような内容でお困りの方におすすめの工法があります。

 

・工場、店舗の中が暑い。・雨漏りがする。・空調の電気代がかかりすぎる。・老朽化が進んできている。・工場の稼働を止められないので改修が困難。

 

3つのメリット

雨漏り補修、美しい外観は当たり前!
ゼロディールーフは様々な面で施主様にメリットを実感していただいております。

 

無塵工法&カバールーフなので、工場を稼働したまま施工が可能!既設屋根は撤去しないため、産業廃棄物が出ない!断熱性や雨漏り解消による、作業環境の改善!

工場を稼動したまま施工が可能!

既存のスレートの上に取付けるカバールーフなので、既存屋根の撤去は必要なく、工場を稼動したままでの施工が可能です。 また、無塵工法なので施設内部の養生も不要です。
稼動したまま改修できるので、短い工期でリフォーム出来ます。

産業廃棄物が出ない!

既存屋根はそのまま残りますので、撤去した屋根が産業廃棄物となることがありません。
既存スレートや母屋には穴を開けない工法のため、工場内部にスレート・木毛セメント板・C型銅板の切屑が落ちることはありませんし、従業員が切屑に含まれる有害物質の影響を受けることもありません。

断熱効果が格段に向上!

既存の屋根にカバールーフを乗せることで、屋根が二重構造になり、施設内部の断熱効果が格段に向上します。 夏場も快適に作業が出来るようになる上、断熱による電気料金の節約にも繋がります。 老朽化した屋根の見栄えや強度を改善し、雨漏り、防音に関する効果も向上します。
また、消費エネルギーの低減にも一役買っており、より「地球にやさしい」工法といえます。
使用する屋根は小波スレートや大波鉄板屋根でもOK!
転落防止ネットを使用しているので施工時の安全面も問題ありません。

カバー工法「ゼロディールーフ」
カバー工法「ゼロディールーフ」事例写真-1

既存のスレートをはがさずに、また穴を開けないので工場を稼働したままの工事が可能です。

カバー工法「ゼロディールーフ」事例写真-2

屋根を2重にすることで雨漏りなどの心配も無くなります。

カバー工法「ゼロディールーフ」事例写真-3

このように空気層を作ることで暖められた空気が上に上がり、抜けていきます、断熱効果をさらに高めます。

建物の長寿命化、断熱効果アップ、外観のアップが同時に得ることが出来ます。

■カバー工法により以下の様なメリットが得られます。

光熱費の削減・断熱性能のアップ

屋根を2重にすることで、室内温度を大幅に押さえることが出来ます。それにより、空調設備を稼働している工場や店舗などでは電力消費を押さえることができ、CO2削減につながります。ある工場では年間数百万の光熱費の削減につながり、工事費用が3年で償却できた事例もあります。

雨漏り対策・建物の長寿命化

雨漏りは放っておくと建物そのものを傷め、寿命を短くします。また、建物内の設備などにも影響があるため早急に対処することをおすすめします。カバー工法なら屋根を2重化し、雨漏りの対策も確実に行うことが出来ます。

工場を稼働したままの施工

改修の方法によっては工場の稼働を止めずに工事を行うことが出来ます。工場の稼働を止めることによる生産のロスを無くし、養生などの費用もかかりませんので全体的に見ると大きな費用の削減につながります。

廃材を最低限にする

既存の屋根・外壁をはがさずにカバーしますので、普通の改修工事に比べて廃材の量は最小限に抑えることが出来ます。近年スレートなどの廃材処分費用は高騰していますので、ここでもコストダウンにつながります。

工場・会社・店舗など企業様向け雨もりなどのお困り事は!

 

 

 

 

 

ページ上部へ