雨どい工事

住まいの耐久性を決める雨どい工事

屋根の役割を考える

1.雨樋とは屋根の軒先で、建物の雨水をスムーズに排水させる部材です。

2.雨樋がなければ、軒先から滝のような雨水が落ちます。

3.雨水が軒先・軒裏や外壁にまわって、建物が浸食・腐食や汚れる事を防ぎます。

雨樋とは建物に降った雨の道をつくり、建物の耐久性を高める大切なモノです。

雨どいの写真

雨どいから漏れる雨水の様子 雨どいから漏れる雨水

雨樋の専門家とは?

1.ずばり!軒樋の絶妙な勾配にこだわります。

軒樋の勾配が強ければ、排水性は抜群です。しかし、そうなると美観が全くダメです。その絶妙な傾斜具合が排水性と美観性を融合させます。それは雨樋と建物の耐久性にも影響します。

2.数ある雨樋の中から建物・屋根に合わせて形状・素材を選定します。

塩ビからガルバリウム鋼板・ステンレス・銅板素材は多々。建物に合わせた最適な雨樋をチョイスします。

3.専用ソフトで雨量計算を行い、オーバーフローをさせません。

谷樋と言って室内の上にある、絶対に溢れさせてはいけない雨樋。計算の上、形状を決定。理論で選定します。

4.昔はトタンを切って叩いて曲げて1本、1個すべて先輩職人の手加工。

その技術とノウハウを受け継いでいます。

雨樋の点検・清掃

建物にとっては地味な存在といえる雨樋。しかし縁の下の力持ち。

以下の項目の1つでも今の住まいに当てはまるものがあれば点検が必要だと思われます。

 

雨樋が割れたり変化したりしている

割れているのであればすぐに修理が必要です。雨樋の変形もすぐにとはいえませんが割れる予兆として捉えてください。

雨が降ると雨樋から雨水が垂れてくる
この場合は雨樋が壊れている・詰まっていると思われます。屋根の雨水が何らかの原因で雨樋に入らずに垂れてしまっている場合もよくあります。

雨樋の取り付け金物が外れている

雨樋の金物の状態もとても重要なポイントの一つです。雨樋本体の老朽化に伴い金物も悪くなります。
雨樋の取り付け金物が外れている

金物が外れていると突風などで雨樋が飛んでしまったりしてしまいます。一つ外れているなら、その他の金物も危ないと思ったほうがいいでしょう。

雨樋の色が変色してきた
雨樋はある程度の年数が経つと淡く変色してきます。悪いことではありませんが色の変化でも雨樋の寿命を計算できます。
今の雨樋を取り付けてから20年が経った
樋の寿命は約20年くらいです 壊れていなくても注意してください。

 

落ち葉対策:雨樋の詰まり予防 「エスロネット」

枯れ葉よけエスロネット

枯れ葉よけエスロネット

■ 雨樋の詰まりを防ぐ、のきとい用ネット
落ち葉や飛来物がのきといに詰まると、雨水がといからあふれ出して、建物の外壁を汚したり、雨とい本体を傷める原因となります。「エスロネット」はそのための防護ネット。余分なものをシャットアウトして、水だけをのきといに流します。

■ 枯れ葉をシャットアウトし、水路を確保します。
のきとい上面に、網状でドーム型の屋根をかける...。それが「エスロネット」の役目。落ち葉や雪はあらかた表面を滑り落ち、たとえ残っても、のきといにはザルでこしたように、水だけしか落ちません。1枚のネットをロール状に丸めたシンプルな形状で、のきとい内径に合わせて、ぴったりと納まります。雨とい施工時に取りつけておけば、台風の際も安心。

枯れ葉よけエスロネット取り付けの様子■ 施工済みの雨といにも、取付がカンタンです。
取りつけは、丸めてのきといの内側にはめ込み、銅線で雨とい吊具に固定するだけ。吊具やじょうごに重なる部分は、はさみなどで簡単に切断できますから、施工済みの雨といにも、容易にお取りつけいただけます。

落ち葉・雪 対策 ガルバ鋼板雨樋

山間部のこのような林の中で ガルバ雨樋 すっと葉°~は、確実に機能を果たしております。

タニタハウジングウェア ガルバ雨樋 すっと葉°

屋根をガルバ鋼板カバー工法でリフォームし、雨樋を「タニタハウジングウェア ガルバ雨樋 すっと葉°~」で施工しました。

落葉、積雪が多い地域ですのでメンテナンスフリーとする為、提案施工です。

1ヶ月後の樋状況

1ヶ月後の樋状況です!

点検ガイドの中の様子

点検ガイドをを開けて中を確認すると、落ち葉は入ってませんでした。

雪もこのようにすべり落としております。さすが、全天候型機能性雨樋!!!

 

 

 

ページ上部へ