遮熱シート「冷えルーフ」 | 高知 オガサ製工

【暑さ対策】遮熱材「冷えルーフ」で解決!

オガサ製工が修理する前の屋根の様子

オガサ製工が修理すした屋根の様子

室内温度を測定 8.5℃もクールダウン!

未施工エリア

施工エリア

8月5日13:00 気温32.3℃ 薄曇り

サーモグラフィーで室内から「未施工エリア」と「施工エリア」それぞれで屋根裏面温度を測定しました。
なんと、8.5℃の温度差を確認できました。

工事概要

施工場所 オガサ製工<倉庫の問題解決>冷えルーフ
施工規模 鉄骨2階建て 倉庫兼工場
築15年・金属屋根(折板ルーフデッキ)200㎡
工法 冷えルーフ
施工期間 1日

倉庫の暑さをたった1日で解決

お客さまの困りごと

2階倉庫がとにかく暑い。
商品への影響や、従業員が熱中症にならないか心配。

解決策・ポイント

2ヶ月間の長期工事でしたが、工事中は工場の稼動を止めることなく無事工事を進めることができました。
工事期間が繁忙期に当たるので資材製品の搬入出大型トラックが頻繁に工場内に入られてました。
本工事の責任者の方とは、何度も打ち合わせをさせていただき、工事資材やクレーンの搬入に業務に支障を出すことなく施工させて頂きました。
従業員の一部の方は屋根工事をしている事に気が付かない程スムーズに完成しました。

お客様より

工事完了後、工場に入らせて頂くと「エアコンを付けているのですか?」と聞くと「いや、一台も動かしていません。」と効果抜群と喜んで頂きました。
逆に未施工部署の従業員の方に「なんでこっちの建屋はせんがな!?暑いじゃないか!」と笑い話のお叱りも受けました。

ページ上部へ