工場屋根の暑さ対策 エコ遮熱工法 | 高知 オガサ製工

工場屋根の暑さ対策 エコ遮熱工法(金属屋根カバールーフ)

内部屋根裏面温度は22.4℃も下がりました!

オガサ製工が修理する前の室内温度

未施工エリア

オガサ製工が修理すした屋根の様子

施工エリア

屋根裏面温度をサーモグラフィーカメラで測定

外気温は上昇しているのに内部屋根裏面温度は22.4℃も下がりました。
工場内が冷やっとするはずです。
恐るべしエコ遮熱。夏の猛暑が楽しみです。

工事概要

施工場所 土佐市高岡 紙工場
施工規模 鉄骨平屋建 天井屋根裏面表し(天井無)
築25年・金属屋根(折板ルーフデッキ・90ハゼ)2400㎡
工法 エコ遮熱工法(折板用)
施工期間 1.5ヶ月工期
遮熱使用材 超薄型アルミ製遮熱材「リフレクティックス」

効果絶大!エコ遮熱工法。

お客さまの困りごと

工場の特性により(ゴミ、ホコリ等の異物混入防止)換気ができない。業務用エアコンとスポットクーラーを駆使するが真夏の工場の温度は50℃近い。
空調費ばかりが跳ね上がるが従業員は熱中症気味だ。
何とか改善策はないものか?との相談でした。

解決策・ポイント

既存の屋根の上に設置する「冷えルーフ」を提案させていただきました。

●夏の暑さ対策
●労働環境改善で熱中症対策
●雨音低減
●既存屋根材の保護効果
●効果持続性

など、たくさんの効果を期待できます。

遮熱塗料のように経年劣化による効果の低減も無く、2重折板ルーフデッキ(グラスウール敷き込み)のように音鳴りや熱ごもりも無い、理想的な暑さ対策シートです。

お客様より

「去年よりずいぶん涼しくなった!」と従業員の方からも喜びの声を頂きました。
これで今年の夏は快適な工場で仕事をしていただけるかと思います。

ページ上部へ