安芸市消防本部RC造 新築工事

安芸市消防本部RC造 新築工事

南海地震対策により安芸市消防本部が沿岸地域から内陸部へ新築移転です。
オガサは屋上からの雨樋排水パイプとエントランス屋根やシャッター枠板金を製作施工しました。
パイプの支持金具は外壁ALC板の目地にステンレス金具を溶接固定。鉄とステンの溶接なので専用の溶接棒を使っての作業でした

エントランス屋根は鉄骨造下地に野地板としてまず、木毛セメント板25ミリとゴムアスルーフィングを敷き込みます。そして、屋根材はカラーステンレス・ブラックでスタンディングシーム葺きです。
シャッター開口枠は鉄板材のように見えますが、ガルバリウムカラー鋼板製です。焼付塗装しているので、1工程で終わり短工期です。

工事概要

雨樋排水パイプ JISカラーパイプVP100
エントランス屋根下地 木毛セメント板25厚 ゴムアスルーフィング
エントランス屋根本体 カラーステンレス鋼板 0.4厚 スタンディングシーム葺き
シャッター枠板金 ガルバリウムカラー鋼板 0.6厚

ページ上部へ