施工事例

金属サイディング カバーリング工事

高知市桟橋 築20年、ポリテクカレッジの作業実習棟の外壁改修工事です。
既存は鉄骨造で12㍉厚の下地ボードの外側にサイディング貼っています。雨漏りやサビの発生の為、全面改修工事です。
軒樋、竪樋も合わせて交換です。
改修方法を設計段階から相談をされていました。
今回のような大きな物件の場合は外壁を撤去すると養生に時間とコストを労します。
また、工程が増える為工期も長くなりますし、既存の下地ボードへの損傷も撤去時発生します。
そこで、剥がさずにカバーリング施工することを提案させて頂きました。
既存外壁を剥がさないので、廃材も発生せず短工期・低コストになりました。
既存外壁 ヨドコウ 金属サイディング
新規カバーリング外壁 アイジー工業 銘壁Ⅱ
色:ストーングレー
施工方法 胴縁下地を設置後カバーリング施工
軒樋:塩ビ鋼板製軒樋⇒エスロン大型軒樋V500
竪樋:塩ビ管⇒カラーVU75
金具は全てSUS304
その他 雨樋は雨量計算後、オーバースペックを是正
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後

 

 

 

ページ上部へ