エコ遮熱ルーフの効果事例

遮熱シートで屋根の暑さ対策できます!

オガサが暑さ対策としておすすめしているエコ遮熱ルーフ
既存屋根と新しい金属屋根の間に遮熱シートを挟む工法ですが、実際の温度変化やお客様からいただいた声をご紹介します!

愛媛県/船舶内装製造業さま

施工前:屋根裏面温度 63℃

施工後:屋根裏面温度 27℃

お客様の声はこちら!

現地調査時、工場内の屋根裏表面温度は63℃を超えており、まさに殺人級の暑さ。
エコ遮熱ルーフ施工後に温度測定をしてみると、27℃と施工前に比べてマイナス36℃を記録し工場の暑さ改善が出来ました。この結果に社長様からも喜びの声をいただきました。


高知県/酒類製造業さま

施工前:屋根裏面温度 59.4℃

施工後:屋根裏面温度 33.3℃

お客様の声はこちら!

結露や電気代などの問題に悩んでいたところ、弊社のDMを見てエコ遮熱ルーフに興味を持ち、ご連絡いただきました。
取材時、中に入ると室内は空調が効いているのかと勘違いしてしまう程涼しく、お客様には「工事する前に比べて仕込みがしやすかった」と喜んでいただきました。


高知県/紙製品製造業さま

施工前:屋根裏面温度 55.5℃

施工後:屋根裏面温度 31.6℃

屋根のない工場なので暑さが直接内部へ影響し、夏場は作業員の方達を苦しめていました。
工事完了後、工場に入らせて頂き「冷房を付けているのですか?」と聞くと「いや、一台も動かしていません。効果抜群です!」と喜びの声をいただきました。

詳しくはオガサ製工のソリューションサイトへ!

ページ上部へ