カラーベスト屋根の棟包み修繕工事

高知市内にあるアパートです。
台風により棟包みが飛んでしまったので修繕工事を行いました。棟包みは屋根の雨水侵入を防ぐとても大切な箇所です。台風で飛んでしまった原因を調査の際にしっかり突き止め、再発させないための対策をとりました。
台風の屋根被害ではトップクラスの修繕件数になります。

トップ画像

工事のポイント

足場を設置して工事を行いました。今回は棟包みのみの修繕工事でしたが、足場を利用し、念のため棟以外にも修繕が必要なところはないか確認します。(特に問題はありませんでした)

棟包みが飛んでしまった原因は、ジョイントからの入水で下地の木材が腐り、釘が緩んでしまっていた事でした。そのため元々の木下地は撤去し、新しい下地をオガサでガルバリウム鋼板から製作し取付けました。木下地に比べ腐らないので、また釘が緩んで飛ばされる心配はありません。

施工の流れ

既存棟包み撤去

既存棟包み撤去

木下地腐食部分

木下地腐食部分

棟包み下地撤去

棟包み下地撤去

撤去完了

撤去完了

新規棟下地取付け

新規棟下地取付け

下地完成

下地完成

棟包み取付け状況

棟包み取付け状況

棟端部折り曲げ処理

棟端部折り曲げ処理

工事完了

工事完了

ページ上部へ