農業用倉庫の屋根葺き替え工事

台風によりケラバ包みがめくれ、風が吹けばバタバタとなり、このままでは屋根が飛んでいきそうなので…と葺き替え工事のご依頼をいただきました。施工前、既存の鋼板屋根は真っ赤に錆びており、次台風が来れば飛ばされてしまうかもしれない状態でした。この既存屋根は撤去し、88ルーフを使用して新規の屋根を施工しました。

概要記事

お客様の困りごと

台風により屋根の一部がめくれてしまい、風が吹くたびにバタバタとなっています。このまま夏を迎えては次の台風で屋根ごと飛ばされてしまうのではないかと心配です。屋根自体もかなり古いので葺き替え工事を考えています。

解決策・ポイント

現地調査の際、既存の鋼板屋根は真っ赤に錆びて劣化が見られました。お客様が心配されている通り、台風ほどの突風が吹けばいつ飛ばされてもおかしくない状態でした。既存屋根は撤去し、新しい屋根材には88ルーフを使用して葺き替え工事を行いました。

お客様の声 

屋根は改修工事が元々必要だと思っていましたが、これほど錆びが酷いとは知りませんでした。キレイに工事していただきありがとうございます。これで台風で飛ばされる心配も無くなりました。

屋根葺き替え工事:前

屋根葺き替え工事:前

屋根葺き替え工事:後

屋根葺き替え工事:後

施工の流れ

施工前

既存屋根の状態

既存屋根の撤去

タイトフレーム取付け

屋根葺き状況

水下壁取り合い面戸取付け

水上面戸及び化粧フレーム取付け

工事完了

工事完了

ページ上部へ