瓦屋根から金属屋根への葺き替えと遮熱工事

高知県南国市内にある倉庫の屋根改修工事を行いました。
瓦屋根の建物ですが、古く劣化が目立ってきたそうで葺き替え工事を検討されていたそうです。また、お話を聞くなかで夏場の倉庫内の暑さにもお困りとのことでしたので、遮熱材「リフレクティックス」の施工をご提案。屋根下地とガルバリウムの間に遮熱材を敷き込むことで暑さ対策も実現しました。

概要記事

お客様の困りごと・工事のきっかけ

瓦屋根の倉庫があるのですが、古いこともありズレていたり見た目が悪くなってきました。葺き替えをしたいと思ってご連絡させていただきました。また農業用の倉庫として使用していますが、作業する夏場は中がとても暑くて困っています。なにか屋根工事で対策はできませんか?

解決策・ポイント

瓦のズレや劣化が気になり葺き替え工事のご相談を受けましたが、その中でも夏場の暑さにもお困りということでしたので遮熱材「リフレクティックス」を使用した暑さ対策工事のご提案をさせていただきました。太陽からの輻射熱を99%カットするこのリフレクティックスのおかげで暑さを寄せ付けない屋根になります。倉庫内の温度上昇を防ぐので夏場の作業も快適に行えることと思います。

工事概要

施工場所 高知県南国市
建物用途 農業用倉庫
使用材 カラーガルバリウム鋼板
遮熱使用材 超薄型アルミ製遮熱材「リフレクティックス」

施工の流れ

既存瓦の撤去状況

撤去完了 写真:既存野地板

ルーフィングと胴縁取り付け

遮熱シートの施工

2層目の胴縁取り付け

野地板の施工

野地板の施工完了

2層目ルーフィングの施工

吊子材の取り付け

屋根材の施工(タテ葺き)

棟包みの取り付け

施工完了

ページ上部へ