倉庫兼店舗の雨漏り修繕工事

倉庫兼店舗の雨漏り修繕工事です。

台風時等の強い雨で天窓付近から雨漏りが発生。
散水調査後、ガルバリウム鋼板にて部分カバー工法の施工を行いました。原因究明がモットーです!

概要記事

お客様の要望・工事のきっかけ

建物の半分を店舗として貸しており、台風及び強い雨が降ると天窓付近から雨漏りがして借主に迷惑を掛けており、又半分は倉庫として貸したいが雨漏りがしているので貸すことができない。
他社で雨漏りに修繕を依頼して施工してもらったがとまらず、施工業者も「これ以上は、うちではお手上げです。」と言われて困っていたところ、インターネットで検索したら雨漏り専門の弊社が見つかりHPを見て良かったので依頼をしました。

解決策のご提案

まず、建物の雨漏り箇所及び、どの様な雨で雨漏りするか問診をして、今回は屋根に上がり現地調査をしたところ、あらゆる所にシーリングをむやみに打っており、ふさいではいけない部分もふさいでおり雨漏りを酷くしている状況でした。
提案としては壁部分の屋根及び水切りをカバー、面戸の取付、壁面部分のFIXのサッシは金属下地を入れて角波鋼板張り、棟部分に関しては下地を取付けたてハゼ葺きカバーを提案しました。
施工前には雨漏りしている部分の天井を剥がし散水調査をして侵入箇所確認してから施工しました。

工事概要

施工場所 高知県高知市
工法 既存屋根カバー・サッシ部分カバー
使用材 ガルバリム鋼板0.5
既存屋根 折板 90ルーフ
新設屋根 壁際水切りカバー・面戸取付・壁面金属下地・角波鋼板張り・棟カバー
施工面積 雨漏り修繕部分のみ
施工期間 約9日間

施工の流れ

倉庫の調査。天井仕上げ材に穴が空いて床に水貯まりが出来る。

屋根状況確認。排煙窓、水切、エプロン面戸にシールを打っており水の出口を塞いでいる。

エプロン面戸下部分をシールで潰している状況。

明り窓の水切り部分出隅に雨だれ後があり水が集中して落ちているのでジョイント部分からも侵入している状況。

棟包みと壁のとの取り合い及びエプロン面戸から雨が侵入している状況。

施工前に、散水調査を行い確認。

侵入箇所をピンポイントで確認。

水上の水止め面戸から侵入。

エプロンのカバーを取付するための掴み金具取付。

壁際水切カバー取付。

FIX窓部分水切り取付後角波鋼板張り。

角波鋼板張り終了。

水切り上端目地シール処理。

棟部部分、カバー用下地取付。

ゴムアスファルトルーフィング敷き。

棟、立てハゼカバー取付。

施工後散水調査確認。

施工完了。

ページ上部へ