高知市内新築住宅の屋根工事

高知市内の新築住宅の屋根工事を担当させて頂きました。

カラーガルバリウム鋼板を使用して勘合式たて平葺きにて施工。通常のたてハゼとは違って吊子が無く、ハゼ部分が勘合でかぶせる様になリ、ハゼ部分が少し丸みのある仕上がりになっています。
たて平葺きは専門性の高い工事のため、工事実績が十分にある業者に依頼して下さい。

新築住宅屋根工事

お客様の要望・工事のきっかけ

建物の半分を店舗として貸しており、台風及び強い雨が降ると天窓付近から雨漏りがして借主に迷惑を掛けており、又半分は倉庫として貸したいが雨漏りがしているので貸すことができない。
他社で雨漏りに修繕を依頼して施工してもらったがとまらず、施工業者も「これ以上は、うちではお手上げです。」と言われて困っていたところ、インターネットで検索したら雨漏り専門の弊社が見つかりHPを見て良かったので依頼をしました。

解決策のご提案

まず、建物の雨漏り箇所及び、どの様な雨で雨漏りするか問診をして、今回は屋根に上がり現地調査をしたところ、あらゆる所にシーリングをむやみに打っており、ふさいではいけない部分もふさいでおり雨漏りを酷くしている状況でした。
提案としては壁部分の屋根及び水切りをカバー、面戸の取付、壁面部分のFIXのサッシは金属下地を入れて角波鋼板張り、棟部分に関しては下地を取付けたてハゼ葺きカバーを提案しました。
施工前には雨漏りしている部分の天井を剥がし散水調査をして侵入箇所確認してから施工しました。

工事概要

施工場所 高知県高知市
工法 勘合式たて平葺き・樋工事
使用材 ガルバリム鋼板0.4
新設屋根 勘合式たて平葺き
施工面積 76.5㎡
施工期間 約一ヶ月

施工の流れ

唐草取付状況。(唐草とは軒先に取付する水切り用の板金です)

唐草取付完了。

屋根軒先シーリング処理。

勘合式立てハゼ葺き状況。

軒先シーリング処理。

屋根葺き完了。

ページ上部へ