工場内歩道橋の目隠し工事

高知市内にある工場内歩道橋の落下防止工事を行いました。
階段底と手摺をそれぞれ施工することで、従業員が安全に通ることができるようになりました。

工場内歩道橋の落下防止工事

工事のきっかけ

工場内に安全通路として歩道橋を作ったが、女性社員が通る時のために目隠しを付けた方が良い、と社内で意見が出た。何か対策を考えてほしい。

解決策のご提案

側面は乳半色のポリカーボネート製平板、底面は板金にて加工した底板を取り付け、手摺から通路までを覆い隠す提案をさせていただきました。
側面を乳半色にすることで、目隠し効果と適度な明るさを加えることができ、通路の安全な通行もできるようにしました。

工事概要

施工場所 高知県高知市
工法 目隠しポリカ平板貼り
底版板金貼り
建物用途 工場
施工期間 約2日
落下防止対策:前

落下防止対策:前

落下防止対策:後

落下防止対策:後

施工の流れ

施工前現地調査

施工前現地調査

施工前現地調査

施工前現地調査

スケール

スケールにて階段の寸法の確認

ガルバリウム鋼板の加工

スケールで測った寸法をもとにガルバリウム鋼板の加工

差し金

差し金を使って底と角度が合うよう調整

ガルバリウム鋼板の取付

階段の底にガルバリウム鋼板の取付

目隠し

目隠しの取付

施工完了

施工完了

施工完了

施工完了

ページ上部へ