住宅の新築屋根工事

四万十町にて新築住宅の屋根工事をさせていただきました。

屋根は「嵌合式(かんごうしき)立て平」を使用しています。嵌合式は屋根同士の継ぎ目加工が必要ないので施工が早く、見た目も良い仕上がりになります。
           
県内では少ない施工方法ですが、全国的には立て平の屋根は嵌合式が主流になっています。              

住宅の新築屋根工事

お客様の声

見た目も綺麗でとても満足しています。

工事概要

施工場所 高知県四万十町
作業内容 屋根工事
新設屋根 嵌合式(かんごうしき)立て平
使用材料 カラーガルバリウム鋼板 厚0.4m/m
施工期間 約1日半

施工の流れ

ルーフィング敷き

ルーフィング敷き

唐草水切り取り付け

唐草水切り取り付け

嵌合部分シーリング処理

嵌合部分シーリング処理

屋根伏せ状況

屋根伏せ状況

軒水上部分シーリング処理

軒水上部分シーリング処理

嵌合部分は端部専用キャップ

嵌合部分は端部専用キャップ

端部キャップ取り付け

端部キャップ取り付け

完成写真①

完成写真①

完成写真②

完成写真②

ページ上部へ