住宅コロニアル屋根の雨漏り改修工事

高知市内にある住宅屋根の雨漏り改修工事を行いました。

屋根上にバルコニーを後付けしていましたが、そのバルコニーの下に土埃が溜まって苔が発生し、屋根が浮き上がっている状態でした。

屋根も15年程度経っていたので、表面の塗装も剥がれていたのでガルバリウム屋根でのカバー工法をご提案致しました。

お客様の困りごと

大雨の時に壁の雨シミを見つけ、その上の天袋を開けると天井板が濡れていました。それからは雨が降るたびに気になって見たり、心配で夜眠れない日もありました。そこで、以前から梅雨時期に点検DMを送って頂いていたオガサさんにご連絡をしました。

解決策のご提案

経年劣化とバルコニーが屋根上にあることを踏まえて、ガルバリウム屋根が一番良い事をご説明し、既存屋根の上に被せるカバー工法での施工をご提案致しました。また、バルコニーは一度外した後、少し加工して再度取付を行いました。

お客様の声

雨漏りをしていたのは茶室で、以来使用していませんでした。これからまた使えるようになったので嬉しいです。壁のシミも色を合わせて塗って頂いて綺麗になりました。今回はDMがきっかけでお願いしましたが、また何かあればよろしくお願いします。

工事概要

施工場所 高知県高知市
既存屋根 コロニアル(既存色:グリーン)
施工方法 カバー工法、バルコニー取付
使用材料 カラーガルバリウム鋼板(色:銀黒) 立てハゼ
施工期間 約3日間

雨漏り修繕:前

屋根施工後

雨漏り修繕:後

施工の流れ

室内、雨漏りで壁にシミあり

経年で塗装が?がれている

瓦撤去

後付けバルコニー

バルコニー下に苔が発生し、雨水を吸い上げて雨漏りしている

既存棟包み及び下地を撤去

新規下地合板張り

下葺き防水シート(ゴムアスルーフィング)及び、吊り子取付

唐草水切り取付

棟の割付をして、屋根裏換気の為ルーフィングを切って開口

開口部に棟換気ベース取付

棟包み取付

完成

ページ上部へ