運送業様宿舎棟の屋根修繕工事

高知市内にある運送業様の宿舎棟屋根工事です。

RC造の宿舎棟で、築40年以上経っていることもあり雨漏りが酷く、その都度修理をしている状況でした。

建て替えも考えていますがすぐには難しいので、費用を最小限に抑えた修理をお願いしたいとご依頼を受けて、施工を行いました。

お客様の困りごと

運送業という事もあり、宿舎棟はドライバーの仮眠室になるので雨漏りは本当に困っていました。築40年経っているので、建て替えも考えていますが、すぐには難しいので費用を最小限に考えた修理をお願いしたいです。

解決策のご提案

屋根の防水層はかなり傷んでおり、防水層の部分修繕では直らないので、後に屋根全体を新たにカバーすることも考えて、ルーフデッキのカバーをご提案しました。勾配も少なく、排水処理も考えているので、お客様の要望に合った施工が出来ます。

お客様の声

雨漏りが直り、全部屋使用できるようになったので本当に良かったです。これで室内のリフォーム工事も進めることができます。

工事概要

施工場所 高知県高知市
既存屋根 陸屋根、シート防水
作業内容 陸屋根に木下地組み、ルーフデッキ葺き
使用材料 ガルバリウム鋼板0.5 素地
施工期間 約1週間

施工の流れ

着工前
5年前に防水塗装をしたが、シートジョイントが切れて雨漏りしている状況でした。

陸屋根を折板でカバーができるように木下地を取付

防水層の下コンクリートにアンカーボルトを取付、土台を固定をして、鋼製束で勾配調整後に母屋を固定

屋根の取付前に谷樋を取付

屋根葺き
両側へ雨水が流れるように勾配を緩やかにしています。

完成

ページ上部へ