工場・倉庫・店舗などの雨漏り修繕

運送業様宿舎棟の屋根修繕工事

高知市内にある運送業様の宿舎棟屋根工事です。RC造の宿舎棟で、築40年以上経っていることもあり雨漏りが酷く、その都度修理をしている状況でした。建て替えも考えていますがすぐには難しいので、費用を最小限に抑えた修理をお願いしたいとご依頼を受けて施工を行っています。


工場スレート屋根の雨漏り改修工事

南国市にある企業様の工場スレート屋根雨漏り改修工事を行いました。工場は増築を繰り返しており、大雨の時には色んなところから雨漏りして困っていました。移転を考えているので、なるべくコストを抑えた方法で修理してほしいです。既存の屋根を残したまま施工ができる、カバー工法をご提案して施工しました。


倉庫の雨漏りによる外壁修繕工事

四万十町にある資材倉庫を、加工工場として稼働させるために外壁貼替工事を行いました。古くなった外壁が錆びて穴が空き、雨漏りが発生していました。これでは室内で作業出来る環境ではありません。加工工場として環境を整備するために、外壁をリフレッシュし、気持ちよく作業が出来るようになりました。


築50年経つ建物の雨漏り修繕工事

市内の築50年経つRC構造に建物で、雨漏り修繕工事を行いました。長年雨漏りに悩んでおり、他の業者に修理を頼みましたが改善されず困っていたところ弊社にご依頼いただきました。まずは散水調査で原因を突き止め、雨水の侵入範囲を撤去して新たに屋根や水切り等を直すことをご提案致しました。


事務所の軒樋雨漏り修繕工事

高知市にある事務所の軒樋雨漏り修繕工事を行いました。金属製の軒樋が錆びて穴が空き、下に雨水が落ちてしまい汚れや音鳴りの原因になっていました。音鳴りは修理をご依頼いただくことが多い悩みですが、錆びていた金属製の樋から塩ビ製樋に交換することで長年のストレスを解決できます。


企業様事務所の屋根雨漏り改修工事

県内にある企業様事務所の雨漏り改修工事を行いました。折板屋根で築30年以上経っていることもあり、屋根全体が錆びて留め付けボルトのパッキンも劣化している状況でした。解決法として、既存の幕板パネルは変えずに、改修用フレームを使用するカバー工法を提案することで、コスト削減と工期短縮に繋がります。


台風被害を受けた古いトタン屋根の改修工事

企業様車庫の屋根が台風で一部飛んでしまい、雨漏りしているとご連絡いただきました。調査をしてみると、全体的に古くなって劣化していたので屋根全面の葺き替えをご提案致しました。台風災害は火災保険で対応出来る場合があるので、お客様自身で保険代理店に申請していただき、保険で修理することが出来ました。


倉庫屋根のカバー工法による雨漏り対策工事

運送会社様の貸倉庫の屋根から、台風の影響で雨漏りしているので屋根の調査をしてほしいとご依頼いただきました。ドローン調査を行い、その後実際に高所作業車で屋根に上がって状況を見てみると、既存のデッキ型屋根に飛来物で穴が開いていました。また、棟のビスも飛んで破損している箇所もあり、屋根全体をカバー工法で施工しました。


店舗売り場の緊急雨漏り対策工事

県内にある店舗様から、雨漏りが直らないので直してほしいとの依頼をいただきました。今までにも雨漏りするたびにシーリングで処置したり、箱樋のカバーを行いましたが、雨漏りが止まらない状況でした。雨漏りは原因をきちんと調べずに修繕工事をすると、直らず繰り返してしまうことがあるので、最初に必ず原因を発見することが大事です。


倉庫の折板屋根災害対策工事

高知市にある企業様倉庫の折板屋根災害対策工事を行いました。築30年のプレハブ建築で、強風により屋根が飛んで雨漏りしていました。同じ形状の屋根材は生産中止になっており修理できない状況でしたが、新しく下地を作り穴あき部分をカバーすることで対応しました。


ページ [1] [2] [3] [4] [5]

ページ上部へ