初めての雨漏りと修理業者への連絡

昨夜はよく降りましたね。 

 

この季節に珍しい、

まるで台風並みの天気。

 

県の東部では

時間雨量100ミリを超える

猛烈な大雨が起きましたし

強風で屋根が飛ばされたりした地域もあり

不意打ちのような荒れた天気でした。

 

さて、昨夜は会合に出ておりましたら

雷ゴロゴロ、風ビュービュー、雨ザーザー

正直、ビビりましたね。

 

その荒れた天気が怖いんトカじゃなくって

「施工中の現場大丈夫か!?」と。

 

幸いにも施工中の現場は異常も無く

ひと安心。

 

 

で、今朝になって馴染みの古いお客さんや

新規のお客さんからの雨漏りや

屋根が捲れたとの連絡が

いくつか入りました。

 

過去に施工したお客さんでは

隣の屋根が剥がされて飛んで来て

自宅が少し被害を受けた!

何てことも、、、

 

ところで、、、、

修理の相談をされる時って

誰しも不安が一番で

最初の連絡を頂きます。

 

でも、どうかご安心ください。

 

一度ご縁があって

修理をさせて頂いたお客さんは

しっかりと見守っています。

 

何か建物で不安なことがあったら

いつでも電話下さいね。

 

そして初めての方もご安心ください。

 

長い間に渡り、ず〜っと

お付き合いさせて頂いてるお客さんも

最初は皆、初めてなんですから。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

 

しかし、工事させていたと思ったオタク方は

朝はしっかりとその後も見守っています。

 

ですから今回のような不意打ちのの悪天候での修理も、

即座に連絡をして来ていただきました。

 

また年賀状や屋根点検のお知らせも

季節季節に送らさせていただいてますが

何かの時に困った時には連絡してみようと

大事にとってくれていたお客さんを明日。

 

そんな話を聞くと本当に嬉しいも

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。