結露からも屋根を守れるか?

霧の街・窪川とは

よく言われたものです。

 

昨日行った現場も

朝一に屋根に上ると

ルーフィングが夜露でべったり。

 

土足から屋根用の靴に履き替えても

泥棒のように

ルーフィングへ足跡を付けまくりです(笑)

 

汚れではないので乾けば消えますが

やはり気になります。

 

でも10時頃には日も高くなり

乾いて消えました。

 

 

 

さて、夜露が起こるれば

それは湿度が高い証拠。

(飽和水蒸気量ですね)

 

となれば、、、建物の外部は

季節や時間帯により結露が発生します。

 

当然ながら屋根にも結露は発生しますが

その発生ポイントを把握するのも

屋根の専門家として重要な知識なんですよ。

 

結露は温度差が生じる箇所に発生しますので

屋根表層のガルバリウム鋼板裏面と

防水シート(アスファルトルーフィング)の間には

必ず発生します。

 

ですから、屋根野地板の上に敷きこむ防水シートは

結露から建物を守る

非常に大事な屋根葺材のアイテムなんですね。

このチョイスも屋根ドクターの「目利き力」なんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。