わざわざ行って・・・考える。で、閃く💡

いや〜今日は暑かった。

初夏を通り過ぎて

もう、、、夏ですね。

 

車から見える海原も

何だかキラキラしてました♪

 

実は今朝から、

久しぶりに瀬戸内を車で渡り

今は本州なんです。

 

3ヶ月ぶりの出張しています。

 

ある同業者さんの会社へ

社内業務の効率化を伝授して頂きに

コッソリと伺ってまして。。。

 

俗にいうスパイ活動です(笑)

 

まぁ 人手不足っちゅうのもありますが

世は「働き方改革」ございます。

 

単に「休みを増やして時短をする!」

じゃなくって、

効率化を進めることで結果、

省力化になり時短に繋げなきゃです。

 

この方程式じゃないと

「グル」は回りませんからね。

 

そんなご教授とパクリを兼ねて。

 

 

さてここ最近、地元で普段通りの

自宅と会社を往復するだけの生活していると

あまり気が付かないのですが、、、

 

一歩外へ出てみると

世間は元の生活に

少しずつ戻っているな〜

って感じます。

 

やはり、自分から動かんと

世の動きは分からんぜ!と

感じた次第。

 

加えて、

移動距離とアイデアは比例する

と、申しますが、、、

本当ですね。

 

3ヶ月振りに色々と実感しました!

 

M社長、お忙しい中

ありがとうございました!!!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。