屋根がダイエットって!?

最近どうも太ってきた感じです。

山へ登ると少し身体が重い。

 

体重計に乗って

あまり変わっていなければ

安心して、〆のラーメンが

復活しちゃうとマズいので

 

とにかく、

脚と体幹を鍛えなきゃ!と

思う、今日この頃です。

 

 

さて、住宅屋根のリフォームって

雨漏りしているのが

「きっかけ」って多いんですが、、、

 

その際、屋根を新しくして

コレで安心!では

済まさないでください。

 

雨漏りが無い暮らしも

確かに大事ですが

そのもう一段上のレイヤーで

「安心」を考えてくださいね。

 

そう、、、

災害への備えもなんです。

 

築40年を超えている

旧耐震のお宅は

南海地震の揺れで

大きくダメージを受ける可能性が

「大」です。

 

ですので、

家の揺れに直接作用する高い部分、

すなわち「屋根」は

絶対に軽くしておくべきです。

 

瓦からガルバ屋根への葺き替えは

1/7〜1/12もの

軽量化になるんですよ。

 

これだけで揺れは

大きく軽減できます。

 

そして屋根に付いている

太陽熱温水器。

 

コチラも300〜400kgもの重量を

屋根の一部にアンバランスで

重量を掛けていますので

デキれば・・・と撤去を薦めています。

 

人間も屋根も一緒で

筋トレ(耐震補強)するか

ダイエット(屋根軽量化)するかで

健康で安心できる暮らしがあるんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。