穴の空いた屋根があるんだってよ!?

少しづつ、少しづつ

コロナ前の日常が

取り戻されています。

 

ですので、県外の取引先への訪問や

研修会への参加も少しづつ

始まりました。

 

でも、、、アレにナニの予防で

マスクと消毒用エタノールを

引っ提げて

もっぱら車での移動です。

 

 

さて、

どこへ行っても、気になります。

 

屋根が。

 

工場や施設なんかをはじめ

建物に近づくと見るのは

まず「屋根」です。

 

今回、目に止まったのは

通路沿いに設置された

空調設備の建屋。

 

屋根は屋根でも有孔折板。

 

穴の開いた金属屋根です。

 

雨は全く遮れませんが(笑)

でね、さりげなく目隠しにもなって

無骨に設置されている

エアコンの室外機が

パッと見は分かりません。

 

しかし、通気はバッチリですので

熱ごもりも無いんですね。

 

オマケに夏場は

直射日光を少々遮りますので、

室外機の温度上昇もおさえ

冷房効率も向上するんですよ。

 

屋根ってね、雨だけじゃなく

日射や風、そして目隠しもできて

都合良く色んなモノを遮れるんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。