古くなった屋根は塗装リフォームが無理かも?

築30年のお宅。

「ここ最近になって雨漏りが・・・」

と、オガサに相談がありました。

まぁ色々とお話を聞くと

屋根自体に決定的な破損が

起きている雨漏りでは無い模様。

 

どうも老朽化により

継手から雨が染み込み

それが防水シートのAルーフィングでは

止水しきれずに

室内に漏っている模様です。

 

あと大きな原因が1つ。

 

太陽熱温水器が漏水していて

それも雨漏りに

何かしら貢献してる可能性があるな・・・

てな事を電話で感じとりながら

後日、現地調査。

 

2階建ての屋根ですので

オガサの得意技

「ドローン」を使って

屋根調査がスタートです。

 

周囲の安全を確認して

フライト開始!

 

ハイ!

僅か3分で原因確定です。

 

プロです。

仕事が早い!(笑)

 

継ぎ手には部分黒ズミも出てきているので

これは水が染み込んでいる証拠です。

 

加えてAルーフィングの寿命が

終わっていますね。

 

それが雨漏りの根本的な原因です。

 

この状態で

塗り替えリフォームを

される方が多いんですが

ちょいとお待ちを、、、

 

塗装でキレイに蘇るのは事実です。

でもそれで

本当に雨漏りは止まるんですか?

 

塗装は表面を綺麗にし

屋根材の保護と言う観念からは

素晴らしくて良いんですが

そもそも古くなった屋根材の

復活&修理にはなりません。

 

塗装リフォームは

比較的新しい屋根を

「シャッキ」に保つタメ

行う施工方法なんです。

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。