来週、ウチも展示会です。

昨日は、

大阪のインテックスで開催されている

住まいと建築展へ行ってましてね。

 

Withコロナの世の中で

建築がどう変わっていくか?

その情報仕入れに・・・

 

となると、、、

 

かっこいいんですが

全然そんな目的ではありません(笑)

 

本当の目的は

建物を屋根で防災する!

をテーマに

情報の仕入れと打合せでございます。

 

もちろんアレには十二分な対策を講じ、

会場まで車です。

 

もちろんマスクと消毒は徹底、

そして厳戒態勢です。

でもね、出展企業さんは少ないですし

やはりマスクをしてのですので

すごく静かなんですよ。

 

だからこそ

ブースに立ち寄った時の

説明やらっていうのは

皆さんいつも以上にホント真剣。

 

詳しく説明していただけるので

こちらも非常に勉強になります。

 

さて、来週の5日(木)、6日(金)は

ぢばさんセンターでオガサも

ものづくり総合技術展への出展です。

 

今回も工場倉庫、そして住宅を

屋根から熱中症をゼロにするコンセプトで

出展していますので

ぜひともお越し下さい。

 

お願いしますm(_ _)m

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。