塗り替えでは雨漏りは止まらんよ!

先日、屋根瓦を塗り直したのに

雨漏りが止まらないんです!と

相談をいただきました。

 

だから、、、

 

塗り替えでは雨漏りは止まりません!

 

キレイになるだけです。

(表面劣化の保護にもなりますが)

 

実は塗装業者の方が塗り替え時

親切に瓦の隙間へ

シーリングを充填してくれたそうで。

 

外してみると

雨水が入った跡がクッキリ。

 

屋根の専門家なら

絶対にやらない瓦のシーリング。

 

特に横方向のシーリング。

 

コレじゃ余計に

継ぎ目へ水を誘い込みます。

 

縦の継ぎ目も

知識が無いと

余計に雨漏りが起こりますがね。

 

瓦やカラーベストなど

継ぎ目が重ね式の屋根材は、

ミリ単位の微妙な重ねの隙間が

雨水を吸い込まないようにし、

吹き込んだ雨水を排水する

役目を持っているんです。

 

それをコトもあろうか

塗りつぶすなんて、、、

 

人の親切は

大事にしないといけませんが

雨漏りの知識が無い方の親切は

どうぞお気を付け下さいませ。

 

ところで、

この屋根の元々の雨漏り原因は

瓦の劣化と下葺防水シートの

(これはアスファルトフェルトです)

劣化が原因です。

屋根の寿命でした。

 

あ〜塗り替えが勿体ない。。。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。