カバー工法って、工場屋根だけじゃ無いってよ!

メタル界の帝王「オジー・オズボーン」が

難病を患っていることが発表されました。

 

来月にはニュー・アルバムがリリース予定だし、

春からは北米ツアーも始まりますが

何とも驚きです!

 

70歳を超えても現役バリバリのオジー

 

あのボーカルはいつまでも

不滅でいて欲しいものです。

 

 

 

ところで話しは全く変わりますが、、、

住宅の屋根も古いのを剥がずに

カバー工法できる事が

あまり知られていないようです。

 

ハッキリ言って

できない屋根はありません。

 

実は瓦でもできます。

 

ただ、瓦の場合は

屋根の重量を軽くして

地震による揺れを低減させる目的で

古い瓦屋根を撤去しますがね。

 

サビも随分と多くなった

築後40年経ったトタン瓦棒の屋根。

 

絶縁シートを敷き込み

専用のガルバリウム鋼板ルーフを

カバー工法で施工しました。

トタン屋根やカラーベストの屋根は

元々の屋根重量が軽いので

全く問題無くカバー工法が可能です。

 

コレで廃棄物を出さないので

環境に優しく、短工期、

オマケに低コストになります。

カバー工法は住宅や工場倉庫など

建物の種類では無くて

屋根の仕様や構造で

工法が変わるんですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。