エコ遮熱ルーフは寒さ対策にも効果アリ

グッと冷えてきましたね。

本川など山間部は

朝の最低気温が軒並みマイナスです。

 

まぁコレが普通なんでしょうが・・・

 

そう言えば昨年2月

東北の工場へ視察に行った時

「厳寒期は油圧機械の油温が下がり過ぎると

 作業ができないんだ。

 先ずは室温を上げることが仕事なんだよ。」

といった話しを聞きました。

 

そうですよね・・・

朝工場に入ると、

室温はマイナス温度。

 

コレでは油圧機械は動かせませんもね。

(サーモヒーター等対策はあるでしょうが)

 

そこで遮熱シートを応用した

エコ遮熱ルーフで屋根をリフォームしたら

「厳寒期の朝でも工場内が暖かい!!!」

となったそうです。

 

前日の暖房熱が薄らと残り

朝イチでも室温が

5℃前後なんだとか(もち、プラスですヨ)

 

オマケに暖房用灯油の消費量が1/3になり

光熱費も大きく削減できたそうです。

工場内の熱を逃がさず、外部の冷気も入れない

遮熱システムで熱の移動を遮断し

暑さだけで無く、

寒さ対策にも絶大な効果を発揮する

エコ遮熱ルーフなんです!

 

 

さて、明日から広島市へ

第18回ビジネスフェア中四国2020の

展示会へ出展業者として乗り込みます。

 

工場の暑さ対策システム

(寒さ対策もできる)

「エコ遮熱ルーフ」のPR営業です。

 

さぁ忘れ物ないように

積み込みしなくちゃ。

 

それにしても

大?寒波が来るらしいが

雪大丈夫かな?

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。