忙しいからこそ、当たり前を。

オガサでは毎週月曜日が

現場の工程会なんですね。

 

で、今日は金曜。

週の頭に組んだ工程とは

少しズレが起こっています。

 

雨で工程は変更がありますし、

建物って複数の業種が関わっていますので

その進捗により全体工程はどうしても

ズレが生じてきます。

 

おまけにこの年度末ですから

超忙しいんです。

 

だからこそ、

工程&段取りはしっかり共有しろよ!

今朝は朝礼で少々、発破を掛けました。

 

 

さて、忙しいければ人はどうしても

感覚で作業を進めてしまいがち。

(自分も含め)

 

チャウって!

 

忙しい時だからこそ

定量的に数値で作業を進めなきゃ

ダメなんです。

 

この部品の製作には

機械の稼働時間が何秒だから

計○○時間が掛かる。

 

現場での搬入時間には○○時間か・・・

 

取り付け作業Aに○○人で、Bに・・・

 

これを皆はベテランだから

感覚でも十分出来るんです。

 

でもね、それじゃだめなんですよ。

 

どうしても無理無駄が起こり

それをリカバリーしていく非効率作業が

分からない範囲(感覚的に)で起きるんですね。

 

働き方改革と言われている時代。

とにかく現場の進捗状況の確認と

作業計画を全員で共有っすよ。

 

それを数字に落としてね。。。

 

ホント、

当たり前への自戒をを込めて。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。