今だからこそ、笑顔と挨拶っすよ。

なんと!

センバツ高校野球も中止。

 

今の世風なら致し方ないか・・・

 

でも選手にとっては

この上なく悔しいでしょうね。

 

連日メディアが

「コロナ」で煽りまくっています。

そんなネガティブ日本を

ぶっ飛ばしてくれると期待していましたが

正直、とても残念です。

 

自分は野球フリークって訳じゃありませんが

ヤングが一丸となって

勝負に挑んでいる姿は

コチラとて、目頭が熱くなり

元気をもらえるものですからね。

 

さて、一丸と云えば

オガサでも年度末完成を迫っている工事の

製作・施工へ社員さん達は全力投球です。

 

何せこの時期は春雨シーズン。

 

定期的に小雨が降って

施工が計画通りに進まんので

心の中は「キィー!」と

なっています。

 

しかし、ここで大事なのが

挨拶&声かけ、そして

「笑い」です。

 

忙しいからと

目を三角にしていては

負のオーラが出まくりますので

コミュニケーションも取り難い!

 

だからチョットしたミスや手違い

勘違いが起こり、

更に作業スピードがダウンします。

 

忙しいから、

ネガティブムードだからこそ、

「笑顔」と「挨拶」ですよね。

 

まずは家庭、そして職場。

外回りしてても

いつもより元気な笑顔と挨拶です。

 

子ども達や少年に見習わなきゃ!ですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。