閃きスイッチの入れ方(自分流)

アルコール消毒液の不足から

次亜塩素酸水を使っている方が多く、

オガサでもスプレーボトルに入れて

手で触る共有部分の消毒には

ジャンジャン使っています。

 

自分は普段からよく手を洗う方なので

手の消毒はあまり行わないのですが

今はしっかりと消毒していますよ。

 

で、手肌にはアルコールが良いのですが

次亜塩素酸水でやっていますので

こんなオッサンでも手がカサカサです。

 

あれほど手には使うなと

記載されていますから

完全に自己責任です。(笑)

 

 

さて、外出の自粛要請が出ていますが

皆さん休日はどうされています?

 

今日の様なド快晴な晴天だと

どっか行きたくなりますよね。

 

で、自分は気を紛らわす(?)為に

次男と二人で田舎に行って

エッチらと野良仕事をしてきました。

因みに付近に人家は1軒もありません(笑)

 

家でゴロゴロしているより

外で身体を動かしている方が遙かに

仕事のアイデアも浮かびます。

 

直ぐ忘れるので

その時々にメモりますが

結果、作業工程がドンドン遅れます。

 

まぁ仕事って程でもないですから

これもアリかな?と。

 

で、慣れない作業に早くも

体のアチコチが痛い。

 

オマケに顔が日に焼けて

ヒリヒリ。。。

 

けんど・・・肉体労働後なので

ビールは格別に旨くて弾む!

身体に良い事しているのか悪いのか

分かりません。(笑)

 

兎にも角にも

心地よい疲れが睡魔を誘っています。

 

明日の筋肉痛は如何に?

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。