これからは出掛けなくても、イ〜じゃん?

今日の午前中、

コロナに関する助成金のセミナーを

パソコンで受けてみました。

 

大きめのモニターで受講しましたから

臨場感あふれた、独りセミナーでした。

 

でも、

これはなかなか「アリ!」ですね。

 

セミナーといえば、、、

会場まで足を運びます、

モチロン15分ぐらい前に着いて

受付し、席も確保しなきゃなりません。

 

でもWebセミナーなら

移動時間がありませんので

かなりの時短になります。

超ー効率的ですね。

 

これからは、

講習会やセミナーの在り方が

ガラッと変わりそうですね。

 

まぁ 自分としては

わざわざ会場まで足を運んで

その雰囲気に呑まれた方が

道中も含め、

色々とアイデアが浮かぶんですがね。

 

さて、自分達の屋根の仕事は

工場まで持って来て

屋根を葺くっちゅう訳にはイキません。

 

どうしても現地へ出向き

屋根に上って作業です。

 

しかし、時にはありますよ!

オガサ工場内での屋根施工。

 

神社に祀られている摂社や末社です。

軽トラックには乗りますから

工場まで持ち帰り、屋根を作ります。

 

また、時には潜り門なんかの屋根も

大型トラックで工場に持ち込み

加工して葺いていますがね。

 

移動時間はありませんし

準備や片付けも随分と楽です。

オマケに天候にも全く左右されないので

現場施工の半分の時間で完成です。

 

あぁ〜今となりゃ、

ドコでもドアが欲しい♪

そんな気分になります。

 

でも自分は、現場で屋根に上がり

四季を感じながら屋根シゴトをするのが

好きなんです。

 

ところで・・・

ここ最近は移動を極力抑える

Web会議やテレワークなどが進んでおりますが

ココでも生産性や効率を一気に上げ

仕事もプライベートも充実させなきゃです。

 

しかし、いつの時代も

タバコを止めた方の貯金が増えたってのは

聞かないですね。

自分も含めて。。。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。