これからの時期、サーモカメラが必需品。

段々と夏に近づいていますね。

 

そんな気分を盛り上げようと

外回りから事務所に戻る時、

コンビニでアイスを差し入れで

スタッフに買って帰りました。

 

まぁ自分は甘い物がニガテですから

買うだけで食いませんがね。

 

 

さて、、、

昨日使ったサーモカメラですが

実はスマホに装着して

撮影するタイプなんですよ。

精度としては若干、なんですが・・・

 

熱イメージはバッチリ掴めますので

オガサでは営業さんも皆、

いつも車に積んでます。

 

暑い時期になると

この工場や倉庫など、

屋根が暑さの原因となっているケースが

良くありますからね。

 

暑けりゃ、スグに見る。

温度計とサーモショットは

この時期からの必需品です。

 

因みに今日も

37.5℃以下なので元気に仕事しています!

人の体温もまぁまぁ・・・

正確に測れます(笑)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。