当たり前の日常って、当たり前?

昨夜からの雨は結構

まとまって降りましたね。

 

で、今はもう止んでますが。

 

ここ最近の天気予報はかなり精度が優秀です。

 

時間単位での降り始めや

止み頃が分かるので、

自分達の様な

天候に大きく影響を受ける業種は

かなり助かりますよね。

 

職人さんも現場工事がラッシュの時は

天気予報を信じて

フライングで現場に向かうことも

シバシバ・・・

 

さっきも近くの現場へ

作業の続きに向かいました。

 

 

さて、、、

会社のある長浜産業団地には

敷地周囲に緑地帯を設けなさいとの

規定があります。

 

細かい縛りはありませんが

最悪は芝生でもOKとのことです。

 

そんなオガサでは一部に

花を植えています。
(何の花か知らんけど・・・)

 

正式には先代の両親が

植えてくれたんですがね(爆)

 

平日は総務の

オガサ女子達が手入れを行ってくれていまして、

変わって休日なんかは

元気な両親が手入れに来てくれています。

(まぁ自分は、手伝わんけどね)

 

ところで、、、

最近、「ヤツ」の影響で

当たり前の日常が

非日常的になってますよね。

 

実は、当たり前って

いろんな方々の労力によって

「当たり前っぽく」見えてるだけ、かも?

 

そんなこんなを

雨上がりに花を愛でながら

感じたコトでした。

 

ガラにも無く・・・(笑)

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。