時は自分で刻む。

今日は6月10日で

時の記念日です。

 

遙か昔・・・

日本で初めての時計が

今日、鐘を打った日と記録があり

記念日に制定されたそうです。

 

 

さて、ここ最近

何かスゴく忙しいんですよ。

 

特別なイベントがあったとか、

コロナがどうのコウの、、、

なんてありません。

 

じゃ なんで?

 

”時の記念日”

「あなたの時間」について

考える日でもあるそうです。

 

今の瞬間は二度となく

時間を粗末にできないことは

当たり前過ぎに分かっています。

 

でもね、、、

モノが溢れた情報社会

人は肉体的にも精神的にも

少し忙しいように感じません?

 

自分も例外に無く

ここ最近はどうも

時間に追われている感があります。

 

かといって

何かが劇的に変わったってコトは

ありません。

 

時間とは追われるモノでは無いし

与えられるモノでもありません。

 

時間は一人ひとりの生き方

そのものかもしれませんね。。。

 

今日の記念日に
某時計メーカーによる日経新聞の全面広告が
自分に突き刺さり
気持ちが凜と正されました。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。