心と脳の栄養補給

今日6月18日は「おにぎりの日」ですね。

 

そしてオガサの工事部であり

製作班スタッフの

誕生日でございます。

 

ウチではスタッフの誕生日に

図書券をプレゼントしています。

 

独身なら「趣味の本」

子育て中なら「子どもの絵本」などなど

自分に合わせてチョイス出来るよう

図書券です。

 

兎に角、本を読むのは昔も今も

メシを食うに匹敵する

心と脳の栄養補給だと思います。

 

ここ最近、

活字離れとよく言われてますが

本を読むことで

想像力豊かになるのは

間違いないですよね。

 

それがマンガでも雑誌でも

文庫本でも絵本でも

兎に角、、、

「本を読んで欲しい!」を願って

ささやかながら続けております。

 

自分の人生でも

節目節目で影響を受けた本は

今でもハッキリと覚えていますからね。

 

それが伝記でアレ、小説でアレ、

はたまた雑誌であっても

そこの活字や写真から広がる世界は

無限ですもねー

 

おっと!そういえば・・・

忙しいにカマ掛けて

本を買うばかりで最近読んでいないな〜

 

絶賛!「積ん読」期間中となっております(笑)

 

いかんいかん・・・

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。