ずっと「行かなきゃ・・・」と思ってたんだ。

昨日、会社がある産業団地に

献血バスがやってきましたので

久しぶりにオガサスタッフと

献血してきました。

 

ナント・・・!

前回の献血はちょうど10年前。

 

いや〜

助け合いの精神が足りませんねー

 

まぁ社会貢献や

ボランティアっちゅう意識は

無いことはありませんが

そんなにギラギラはしておりません。

 

で、今回献血しようと思ったのは

やはり昨年入院したことがきっかけ。

 

自分は手術や輸血は無かったンですが

改めて健康の有り難みを思った

1ヶ月半でしたからね〜

 

変に良い人振る気も

他人に押し付ける気もありませんが

健康だからこそできる

チョットしたコトって

あるりますもね〜

 

なんて、

血を抜かれながら思った次第。

 

 

さて、血の気が多い(?)のを

抜き取ってもらい

今日は新しく血が入れ替わっている?

まるでバイクのオイル交換後の様な

そんなスッキリ感が満載でございます。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。