この時期の工程管理も職人技っす。

会社への出勤途中でパチリ。

って、今の時代は「カシャッ!」か?

 

まぁそんなコトはどうでもいいけんど。

 

のどか、です。

 

その田んぼには案山子が3体あり

更に風情を醸し出しています。

 

今年は台風が近づいていないし

それより発生自体もほぼありませんので

実る稲穂も少しだけ

ノンビリ感がありますね。

 

これから実りの時期になりますと

刈り取りに大きく影響しますから

農家さんもオガサと同じで

台風の接近に神経ピリピリです。

 

さて、今年は梅雨が異様に長期間でした。

しかも作業できない位に雨も降ったんで

工程が少し遅れ気味。

 

新築工事はウチの屋根施工が遅れると

たくさんの業種へ

工程遅れの影響がでます。

 

同じように改修工事でも

屋根工事は主工事のヒトツですから

工程の遅れはマズいです。

 

ですが、ありがたいコトに

日頃お世話になっている

建設業者さんの監督から

「日頃は無理を言っているので、
 この時期はお互い様。
 2〜3日は調整効くので、
 現場を抜けてもイイよ!」って。

ありがたきお心使いでございます。

 

で、その間にオガサ職人達は

緊急性を要する雨漏り修理の現場へと

資材と工具を換装させて向かうのでした。

 

毎年この時期の工程管理は

天気と台風進路と現場状況で

「水モノ」です。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。