避暑とビールのタメにかい?

いや〜今日も暑かった(はず?)

 

で、高知の最高気温は

昼イチで32℃でしたとさ。

 

というのも、、、

昨日の天気予報で、

今日の高知は最高気温が

またもや35℃の予想でしたので

あたしゃ、四国の尾根に避難してました。

 

愛媛県新居浜市といの町の県境になる

平家平(1693m)です。

 

でもね、、、昼間なら四国レベルじゃ

何処にいても暑いモンは暑いん!です(笑)

 

登り始めて10分。

汗が「これでもかっ!」ってぐらい

噴き出します。

 

でも途中、足を止めた木陰では

裾野から吹きあげる冷たい風が

「あー!」

汗を一気に拭ってくれます。

 

そして頂上でも、笹を揺らす風が

疲れを癒やしてくれます。

 

この快感の為に登っている!ってのも

オーバーじゃ無いっすよ。

 

んで、とにかく汗をかきました。

ザックに詰め込んだ水2Lも

下山した頃には空っぽ。

 

それでも喉はカラカラ。

 

この疲労感に

ビールが浸み渡りまくるでしょう。

 

いただきまーす♬

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。