屋根も人も中身で決まる!?

予想より影響が少なかった

台風一過の晴れですね。

 

少しだけ暑さも和らいだ?感ある

高知の空の下、

せっせと屋根を葺き替えています。

 

古くなり雨漏りが酷くなった

カラーベストコロニアルの

リフォームです。

 

でも正式には

葺き替えじゃありません。

 

カバー工法で古い屋根の上に

「いながら」

ガルバリウム鋼板を

被せ葺きしちゃいます。

 

でも、

古い屋根が残っているからといって

下葺防水シートは手を抜きませんよ!

 

今回は通常使用している

ゴムアスルーフィングより

(改質Aルーフィングです。)

更に性能の良い下葺防水シートを

使用しています。

粘着層付き改質Aルーフィングです。

 

理由は、、、

 

通常、下葺防水シートは

野地板へステープル(工業用ホッチキス)で

固定するんですが、

カラーベストにはそれが立ちません!

 

なので、釘やビスで強引に

固定している業者さんが多いんですが

オガサでは

下葺防水シートへ余計な

大きな穴をあけず

粘着層でシール的に下葺防水シートを貼り

屋根の防水性能を

長期的に保つタメなんです。

 

んで、ガルバリウム鋼板の

屋根を葺いてる期間の

急な雨による漏水も防ぎます。

 

それと屋根では物理的に

結露は絶対に起こるんですね。

 

瓦でもガルバでも

その裏面には

物理的に結露は起きるのです。

 

その結露からガルバ屋根や

野地板を守るのも

この下葺防水シートの

重要な役目なんです。

 

「屋根を漏らんように葺いたら

 下葺防水シートなんていらんだろう?

 雨漏りせん技術が無いがか?」

 

なんて昔は良く言われたモノですが

雨漏りと結露は全く別物です。

 

因みにカラーベストや瓦などは

この下葺防水シートの性能が

そのまま雨漏り防止性能です。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。