屋根って噂とおり、熱くなるの?

台風も過ぎたここ最近

めっきりと

涼しくなってきましたね。

 

朝はガラにも無く

犬(13才の老豆柴)の散歩に

行っていますが

Tシャツ半パンではチト寒い。

 

それもそのはず

朝の気温が

23℃台まで下っがていますからね。

 

オマケに5時はまだ真っ暗。

 

コオロギの音色も深くなり

秋を感じる今日この頃です♬

 

 

 

さて、涼しくなると言えば

ガルバリウム鋼板の屋根です。

 

材質は金属ですので

確かに日射では熱し易いですが、

冷えるのが早いので

熱ごもりを起こさない

立派なメリットがあります。

(熱くなるのは遮熱で解決)

 

良くある、

「日が暮れても2階がずっと暑い!」

が解消されますからね。

 

てなコトで(?)

先月、盆明けの暑さ真っ盛りの時に

金属屋根の特徴をチェック!ってな感じで

会社の屋根で実験をしてみました。

 

マジメながら遊び心を忍ばせての

屋根で実験です(笑)

 

さぁ 結果は如何に?

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。