真っ直ぐに生きる。

突然ですが、

ワタクシ・・・

 

曲がったコトが嫌いです!

 

真っ直ぐじゃなきゃ

ヤなんです。

 

あー仕事の話しですがね(笑)

 

まぁ 屋根もそうなんですが

建築自体が直線で直角、

水平且つ垂直

そして、等間隔ナンテのが

建築機能として多いんです。

 

特に屋根に関しては

直線や直角じゃないと

ガルバ鋼板で

屋根を葺くっちゅうこと自体が

ムズカシイんです。

 

それは金属特有の性質ですし

プレスの機械も直線で折りますしね。

 

また、雨樋は

水平基準が非常に重要です。

 

軒先に付く軒樋はまず

水平を基準にして

水勾配を付けますので(5/1000)

パッと見、

水平に取り付いているように見えます。

 

イヤ、コレは見せているんです。

 

雨水が流れりゃイイって

なんぼでも傾斜を付けりゃ

軒先の美しさが失われますからね。

 

ですから仕事柄

直線、直角、水平、垂直は

「命」なんです。

 

んで、人として

真っ直ぐな人間度は・・・?

 

え〜

 

まだまだ修行中でございます。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。