素直な心が一番の事故防止。

天気予報じゃ大雨のはずが

雨は大したコトない朝。

 

でも、雷がゴロゴロと不気味です。

 

ドッカーン!とデカくはありませんが

屋根上では要注意です。

 

てか、コレじゃ作業は厳禁ですね。

 

そんな悪天候な時は

安全対策の自習時間です。

 

今回のお題は「ラクボシステム」

 

住宅など比較的低い屋根上で

作業をする時に

墜落や転落事故を防止する

安全帯のようなモノです。

 

実際に屋根上での実務的研修が

本当のトコロですが、、、

そのもう一歩での工場でございます。

 

まぁ職人レベルになると

このような安全対策器具は

初めてのモノでも見ただけで

何となく使えちゃうモノです。

 

実務キャリアが違いますからね。

 

そして常に

危険とは隣り合わせですから。

 

でもね、、、

ココが危険なんです。

 

「はいはい、分かっちゅう。。。」

 

コレで事故が起きるんです。

 

当たり前のコトでも

真剣に向き合う。

 

その素直な心が

事故防止に直結しますし

技術向上になるんです。

 

人間力も確実に上がりますもんね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。