大掃除は年末行事だけでは無い。

この9月は

オガサの期首でございまして

第25期がスタートしました。

 

そんな景気付けって

ワケじゃございませんが、、、

 

今日は皆さん休みを振替て

全員揃っての

会社内の3Sを実行です。

 

工事部は工場と倉庫の3S

 

営業工務部はカタログや資料

図面や書類なんかの3S

 

総務は業務書類や備品等など

総合的な3S。

 

始業開始から終業まで

しっかりとアタマを使い

汗をかいての作業でございます。

 

大掃除とは違う3S。

整理・整頓・清掃を行い

使わないモノは思い切って処分。

 

取りあえずから

何となくその位置になったモノを

正規な場所を決めての配置換え。

 

スッキリと片付いた工場と社内。

 

 

ここ最近は

雨が降ったりやんだり、

オマケに昨日は超豪雨。

 

現場も詰まっていますが

ナンとかスケジュールを組んでの

D-DAYでした。

 

スッキリ片付いた社内。

現場工事より

疲れた感ありますが

達成感もしっかりとございます。

 

ですので、、、

さぁ 今から社員さん達とダレヤスケ。

 

焼肉パーチーなんで

しっかりと焼かせて頂き

呑んできたいと思います。

 

ウス!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。