見えない内部は危険ゾーン。

古くなった倉庫の外壁改修工事。

 

一般的にはカバー工法で

外壁もリフォームするのですが

今回は取り付けする鉄骨の一部が

腐食していますので

それも修理しながらのリフォームです。

 

さて、そんなこんなの

屋根や外壁リフォームで

気を付けんといかんのが

配線や配管の破損です。

 

えっ!???

 

ですよね。

 

具体的にはですね、、、

新規で取り付けるビスや釘が

野地板裏や壁内部へ突き抜け

断線なんかのトラブル。

 

結構、聞くんですよね。

 

配線図なんかがあれば問題無いのですが

あるのは基本的な配線図。

 

壁内のどこを通っているかの

詳細はありません。

 

そんなトラブルを防ぐために

オガサでは古い屋根や外壁へ直接、

ビスや釘を打ちまくる工法では無く

間接的に固定する工法で

古い屋根や外壁に穴を開けることなく

リフォームしています。

 

まぁ この現場のように

古い壁を剥ぎ取っての

リフォームだと

壁内の配線が丸見えなんで

安心して固定ビスを打ち込めますがね。

見えない敵に挑む!

 

オガサの現場も少し同じです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。