この見えない部分の下地までガルバです!

ここ最近、雨の日が妙に多いですね。

 

降っては止みの連続やき

あ〜工事が予定通りに進まん!

 

コレには現場担当も困り気味ですが

天気には勝てませんので

開き直り気味でございます(汗)

 

そんなことでもございませんが

屋根の工事は進んでいまして

今、工場の屋根改修工事を行っています。

 

古い波形スレート屋根を

そのままにしておいて

「いながら」上に

ガルバリウム鋼板を新しく葺く

カバーリング工法です。

 

そんな屋根の部位に「棟」がありますが

通常この下地材に使われるのは

木材が多いんですね。

 

けど、それって長い年月が過ぎると

どうしてもその

下地木材が腐食気味になり

板金棟カバーを固定している釘が緩み

台風なんかで「いながら」

吹っ飛ばされています。

 

カラーベストコロニアルの棟が

特に集中攻撃されていますね。

 

ですからオガサでは

棟なんかの屋根部材の下地には

木材は使いません!

 

ココでも下地材には

ガルバリウム鋼板を使用しています。

 

元々は屋根本体に使用している

耐久性ある素材ですので

棟なんかの下地材には

勿体ないくらいなんですがね。

 

台風でもビクともせず

雨や結露でも腐食しない

高耐久な下地材は

ガルバリウム鋼板の専門業者ですから

デキる工法です。

 

オマケに取り付けも釘ではなく

ビスございます。

 

専門家が行う長持ちする屋根って

こんな感じなんです。

 

エッヘン!!!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。