屋根の防水性能を決めるモノは?

昨日は中秋の名月。

澄んだ夜空に

満月が映えていましたね。

 

そんなお月見の夜は、、、

実家で、すき焼き&鰹のタタキ祭り。

 

帰省していた長男の見送り目的で

チョイと贅沢な晩餐会。

 

もちろん乾杯の後は満月を一切、

拝んでいません(笑)

 

 

そんな10月は、

天気も安定しているので

古くなった瓦屋根を重量が1/7になる

揺れに強いガルバ屋根への葺き替えが

絶賛実施中でございます。

 

昭和の終わりに建てられた

こちらのお宅。

 

瓦自体の止水性能も劣化し

その下に貼っている

防水シート(Aルーフィング)も劣化して

雨漏りをしてました。

 

その雨漏り修理が最初の目的なんですが、、、

 

最初は塗装業者へ相談をしたそうです。

色付けをして、キレイにすることは

全く問題ないけど、雨漏りを直すのは

正直・・・無理と言われたそうです。

 

そうなんです!

 

古くなった瓦はどうしても

雨が吹き込みます。

 

それを室内に雨漏りさせないのが

防水シート(Aルーフィング)なんです。

 

瓦の防水性能はこの

防水シート(Aルーフィング)の性能といっても

過言ではありません。

 

瓦を塗装でリフォームする時は

下葺材の防水シート(Aルーフィング)の

劣化具合を確実に

チェックしてくださいね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。