オガサにUFO、現れる。

皆さんUFOって

見たことあります?

 

SFチックでいわゆる

空飛ぶ未確認飛行物体ですね。

自分は見たことはありませんが

たぶん居るでしょうね・・・

 

 

ま、そんなコトはさておき、

 

オガサの2階倉庫から

UFOのように鈍く光る物体が

クレーンで下ろされています。

 

強制屋上換気扇です。

 

自分達は通称で

「ベンチレーター」なんて呼んでいます。

 

工場や倉庫の換気を強制的に行う装置。

屋根に設置して

熱気を排出する役目が多いですね。

 

そんな換気扇も屋根専門家、

オガサの仕事です。

設置で重要な要素は

何と言っても、、、

突風に耐えられ、

雨漏りしない設置なんです。

 

このルールって、そう!

 

屋根と同じなんですね。

 

新築の場合なら比較的簡単ですが

既存の屋根に設置する場合

火災の原因となる「溶接工法」は

まず使えません。

 

もちろん火花が飛ぶ切削も

ダメですね。

 

ですので、既存の屋根構造を利用して

ボルトで固定します。

 

これには建築構造の知識と

機械工学の知識が少し必要です。

 

で、雨漏りしない設置として

適切な形状の水切金物の製作と

適宜な設置ですね。

 

そんなこんなで、、、

屋根に設置する

強制屋上換気扇も

屋根専門工事業のシゴトなんです。

 

あ、配線工事はもちろん

電気工事屋さんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。