雨漏りは勇気と度胸と根性で!じゃ直りません。

昨日の朝は、

大雨の中、雨漏り調査でした。

 

高知で多数の店舗を運営されている

大手スーパーマーケットさん。

で、昨日の店舗は

ショーケースの床から

雨が漏っている(入っている)模様。

 

専属のメンテ業者が何回修理するも

雨漏りが一向に止まらないので

オガサに相談を頂いたっちゅうワケ。

 

天井は全く濡れていませんので

壁からの要因が大きいと推測。

 

念のために

天井ボードを外して内部を調査。

 

案の定、屋根も外壁も全く影響なし。

 

ハハーン!

 

基礎と外壁の接合部分からの

雨漏りだな〜と仮定。

 

雨の降りしきる中で外部を確認。

 

ナント!!!

 

地面のアスファルトと

基礎天端2センチも無い。

こりゃ、漏って当然です。

 

のぞき込んで念入りに調査をすると

その接合部分のシーリングは劣化して

切れています。

 

このような店舗構造を

理解しているからこそ

雨漏りの発見は行えます。

 

また、時には大雨の中でも

地面に這いつくばって調査するからこそ

雨漏りの原因は発見できます。

 

知識と経験、そして

仮説と仮説を掛け合わせなきゃ

雨漏り修理はムズカシイものです。

 

あ、根性も少しだけ無いとね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。