何事もリキむより、リラックス。

今日は日頃お世話になってる

徳島のお取引さんと一緒に

サーキットへバイクのスポーツ走行。

 

先週末の登山筋肉痛も若干残る中

朝4時起きで向かいます。

 

 

ところで、、、

サーキット走行は一般道と違って

ブレーキへの負担が極端に大きいんですね。

 

特にバックストレートからヘアピンへの侵入は

僅か200mの距離で

250km/hから一気に80km/hまで落とすので

フロントブレーキに相当な負荷を掛けます。

 

ですのでそのブレーキ熱で

どうしてもレバーの握りが

ある程度、プアになってきます。

 

で、ブレーキフルードを

ワンランク高性能なモノに変えてみました。

 

そんで、その走りの結果は?

 

一応、GPSで

ラップタイムを計っているんですがね、

そんなことよりも

一般道では絶対にできない

力(ちから)いっぱいの全開な走り。

 

それを極限で楽しむんじゃなくって

気持ちよく走る。

 

これがオヤジのテーマとなっております。

 

だってね・・・

 

早く走ろうとリキむより

リラックスして走る方が

タイムが良いのよ。

なぜかな?

ハハハ・・・

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。