学問の殿堂と紅葉

皆さん、紅葉はもう

満喫できました?

 

ここ最近暖かい日が続いて

紅葉も少し

足止めを喰らっているようですね。

 

逆にまだまだ楽しめるのは

ラッキーでございます。

 

 

さて、先日のコト。

 

岡山は備前市にある

紅葉も美しい

「旧閑谷学校」へ

行ってましてね。

何せ世界最古の

庶民のための公立学校。

 

当時の備前藩主、池田光政が

庶民の民に開いた学校でして、、、

 

まぁその文化的なトコはさておき

建築遺産として

ずっと気になっていましてね。。。

 

約350年前に建てられたこの学校。

 

陶器瓦(備前焼)にケヤキの柱。

そして拭き漆で仕上げられている

美しい床。

 

史跡であり、国宝でもあり

重要文化財でもある閑谷学校。

 

その講堂は現在でも使われていまして

その日も小学高学年生の

研修が行われてていました。

 

それを見ていると

当時の子供達が

真剣に学んでいた様子が

目に浮かびましたね・・・

今の時代、、、

何でもネットで検索すれば

殆どの情報が分かりますが

「情報を得る」のと

「学問を学ぶ」は

全く違いますからね。

 

美しい紅葉を眺めながら

そんなこんなを

考えてみたモノでした。

 

ワタシも今更ながら、、、

少し学んでみたいと思います。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。